FANDOM


ウェポンスキルFF11に登場する特殊攻撃である。
略称はWS

概要 編集

TP(タクティカルポイント)を消費することでくり出せる技の総称である。
使用武器の種類ごとに使える技が異なり、その効果も単純に大ダメージを与える物から、ダメージと共に追加効果を与える物や複数の敵にダメージを与える物、変わった物ではMPを回復させる物など、その効果は様々。

連携とMB 編集

特定の順番でタイミング良くWSを当てると、特殊なエフェクトと共に追加ダメージが与えられる。 これを『技連携』という。
WSごとに繋げられる連携の種類が決められており、前後を入れ替えただけで別の連携が発生する組み合わせもある。
連携にはLv1~Lv3の3段階があり、高い段階ほどダメージも大きくなるほか、Lv1~Lv2・Lv2~Lv3といった上位連携へ繋げることも出来る。
連携には属性があり、発動直後に対応する属性魔法を使うと、ダメージ上昇だけでなく魔法に対する抵抗力もなくなる。
これをマジックバースト(略称:MB)と言い、連携の〆として用いられている。

連携は繋げる回数と反比例してタイミングが短くなっていくため、パーティ内のチームワークが要求される。

習得方法と注意 編集

武器を使い込んでスキルポイントを一定値まで上げることで、新たなWSを使うことができるようになる他、特定のクエストのクリアや特定の武器を入手・装備することで使うことのできるWSもある。
ただし、メインジョブごとにはスキルポイントに制限があり、制限以上のスキルポイントを要するWSは使えない。
また、メイン・サブ問わず特定のジョブでないと使えないWSや特定のメインジョブ専用のWSもあるため、ジョブごとに使えるWSの確認はきちんと行う。

Editicon.png このセクションは書きかけです。是非記事を編集してください。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki