FANDOM


スケルトンはモンスターの一種である。
登場作品:FF1FF3FF4FF5FF9FF11FF12

概要 編集

皮膚や筋肉がなくなり骨だけになった死体が魔力や怨念などの要因で動き出した存在。

FF1 編集

青い肩鎧を付けたガイコツ剣士。
アンデットの中でも最弱のモンスターで、ディアの試し撃ちにはちょうど良い。

FF3 編集

赤い鎧を付けたガイコツ剣士。
通常攻撃に耐性を持っているが、聖属性の攻撃や魔法攻撃に弱い。
本作のアンデットの特徴として、混乱を防ぐ耐性を持っている。

FF4 編集

緑色の鎧を付けたガイコツ剣士。
仲間がいる状態では普通に攻撃するだけだが、最後の1人になるとサンダーを使ってくる。

FF5 編集

船の墓場に迷い込んでしまった船乗りのなれの果て。
毒を吸収するだけでなく、攻撃時にクリティカルを出すこともある。

FF9 編集

貫頭衣に腰巻をしたガイコツ剣士。
骨だけになっても状況判断はできるのか、単独では回転斬りを多用する。

FF11 編集

何らかの要因で再び動き出した白骨死体。
戦士タイプと魔道士タイプの二種類がおり、手持ち武器で判別が可能。
戦士タイプは片手剣を使い、魔道士タイプは両手根を使う。
斬撃や刺突・銃撃に耐性があるが、その反面打撃に弱く、モンクからくり士によくターゲットにされる。

FF12 編集

バルハイム地下道を徘徊する白骨死体。
武器らしい武器は持っていないが、魔法で攻撃してくる。

執筆の途中です この項目「スケルトン」は、ファイナルファンタジーシリーズに関する書きかけの項目です。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki