FANDOM


坂口博信(さかぐち ひろのぶ、1962年11月25日 - )は、茨城県日立市出身のゲームクリエイター、映画監督。 人気RPGファイナルファンタジーシリーズの生みの親であり、日本を代表するゲームクリエイターの一人として知られている。ゲーム制作会社ミストウォーカー代表。

口ひげが印象的なことから、一部のファンから親しみを込めて「ヒゲ」と呼ばれることもある。本人が最も好きなゲームのジャンルはシミュレーションRPG。

経歴 編集

  • 水戸第一高等学校卒業、横浜国立大学工学部電気情報工学科中退。
  • 1983年 - 電友社のソフト開発部門であったスクウェアに入社。
  • 1986年 - 株式会社スクウェア設立。取締役企画・開発部長に就任
  • 1991年 - 同社代表取締役副社長に就任。開発部門を統括する立場となる。
  • 1995年 - Square LA、Inc(後にSquareUSA,Inc)取締役社長兼任。
  • 2001年にスクウェアを退社。以後独立し、株式会社ミストウォーカー代表取締役に就任する。

スクウェア在籍時代 編集

スクウェアに入社。
その後PCソフトやファミコンソフトを制作していたが振るわず、市場からの撤退を考えていた時期に最後の望みを託して彼の総指揮の下制作されたのが、『ファイナルファンタジー』である。このソフトの大ヒットの結果、スクウェアは大手ゲーム開発会社として成長していく。

長年開発トップとしてファイナルファンタジーシリーズ、『クロノ・トリガー』などの制作を主導した。優秀な人材を集める事でも成果を発揮し、タイトルラインナップや作品クオリティが強化されたスクウェアは90年代にかけて黄金時代を築く事になる。その他のゲーム制作においても大きな影響力を持っていたが、任天堂陣営からPSへの移籍を端とする 携帯ゲーム機への展開の頓挫や映像強化路線傾斜による慢性的な高コスト体質、他ジャンル展開の行き詰まりなど諸要因によりスクウェアの経営は徐々に悪化していく。 2001年2月に業績悪化の責任を取って代表取締役副社長を辞任した。

また160億円というハリウッドの大作級の開発費をかけて制作された映画版『ファイナルファンタジー』(米:2001年7月公開 日:2001年9月公開)の監督を務めたが興行は振るわず、会社経営悪化の大きな要因となった。
これが後のスクウェア・エニックス誕生のきっかけと言われている(事実関係についてはスクウェア・エニックスを参照)。

非在籍時代 編集

その後は、スクウェア・エニックスの専属エグゼクティブプロデューサーとしてゲーム業界に携わるが、開発現場からは一線を退いていた。

ミストウォーカー設立 編集

2001年に新たにゲーム制作会社ミストウォーカーを設立。複数のRPGを製作中である。
同社はタイトル開発前の準備作業に時間をかける事が可能な少数規模体制であり、実開発作業は外部とのコラボレーションを基本として、フリーのクリエイターとも積極的に提携していく事を旨としているようである。坂口はミストウォーカーに関して「クリエイターが集まれる宿のようになれれば」と語っている。

ミストウォーカー始動後には、これからの自身のゲームクリエイターとしてのゲーム作品に対するスタンスの一部を明かしている。
その要旨は作品において、坂口がみずからシナリオ・ゲームデザインを手掛けるというもの。坂口はそれらシナリオ、システムに散りばめた要素を、ユーザーに伝えたい自身の「こだわり」であると位置づけている。また、システム面も含めた坂口のシナリオライティングでは、その連動性も図られる。
ゲームの制作スタイルとしては物語性を重視、または基幹に置いている形式を好み、本人もインタビュー等でそのスタイルで一環していく旨を公言している。加えて、近年においても映画の制作は機会があれば挑戦したい、といった発言も度々見られた。

既に開発され発売しているソフトにはXbox 360用ソフトでキャラクターデザインに鳥山明を起用した『ブルードラゴン』がある。

現在Xbox 360で3本、ニンテンドーDSで1本の他、3本のタイトル(対応ハードは未発表)を開発中。
既に発売されている『ブルードラゴン』とその続編、キャビアとの共同開発である。いずれの作品も植松伸夫が作曲を担当する。ニンテンドーDS用のゲームソフト『ASH -ARCHAIC SEALED HEAT-』は、こちらも坂口自身初となるSRPGで、皆葉英夫や崎元仁らがスタッフとして参加している。

ファミ通との共同でコンテストが開催され、そこから幾人かのクリエイターなどと契約などをしている模様。

死生観とガイア理論 編集

死生観
坂口のストーリーテリングは大きく二つの柱があり、そのうちの一つに独特な死生観がある。実母の焼死という事件が自身のクリエイティビティーに多大な影響を残したと語っており、ゲームプレイヤーに仲間の死という試練を与えその悲しみを乗り越え生きる力にするというパターンがゲームシナリオの基本となる。
また、対立する思考の概念として、死という恐怖の前にはすべての意味はないという無の思想があり、その思想に取り付かれた敵を倒す事が物語のエンディング(収束)として展開される。しかし、やや仲間の死がパターン化し過ぎてしまい、当時のラジオや雑誌では、このシナリオが悪い意味でネタにされる事も多かった。
具体的な死生観の例としては、初期のFFシリーズでは亡霊や瀕死の人物が「大きな魂とひとつに~」とセリフを残して死に、地球と一体化、たびたび守護霊として復活する。この設定は後の作品でライフストリーム、クリスタルにシンボル化されて継承されたが、ややSF寄りの裏付けが存在し、坂口本来のスピリチュアルな意味合いは霞む。
ガイア理論
もう一つの柱がガイア理論で、基本的に物語や世界観を構成する設定に説得力(相対性)を持たせる為に用いられる事が多い。異星人(『FFVII』ならジェノバ、映画『FF』ならファントム)の侵略に対し、人間たちが衰退させている星のエネルギーを回復させ、星自身の偉大な治癒能力で撃退するというのが基本である。が、FFシリーズのクリスタルも後期には似たようなパターンの設定が多いため、基本的に坂口作品はガイア理論が断片的に織り交ぜられているといえる。
また坂口のガイア理論には人間の魂も強い関わりがあるとされ、死生観とセットが語られる事も多い。この2つの設定が最も色濃く出ているのが『FF』『ASH -ARCHAIC SEALED HEAT-』である。

主な代表作 編集

スクウェア在籍時代 編集

  • ザ・デストラップ(1984)
  • Will -The Death Trap 2-(1985)
  • ブラスティー(1986)
  • キングスナイト(1986)
  • ファイナルファンタジー(1987) - ディレクター
  • ファイナルファンタジーII(1988) - ディレクター
  • ファイナルファンタジーIII(1990) - ディレクター
  • ファイナルファンタジーIV(1991) - ディレクター
  • ファイナルファンタジーV(1992) - ディレクター
  • ロマンシング サ・ガ2(1993) - 製作(水野哲夫と共同)
  • ファイナルファンタジーVI(1994) - プロデューサー
  • FRONT MISSION(1995) - スーパーバイザー
  • クロノトリガー(1995) - スーパーバイザー、エグゼクティブプロデューサー(PS版のみ)
  • ロマンシング サ・ガ3(1995) - エグゼクティブプロデューサー
  • バハムートラグーン(1996) - スーパーバイザー
  • FRONT MISSION SERIES GUN HAZARD(1996) - スーパーバイザー
  • スーパーマリオRPG(1996) - プロダクションスーパーバイザー
  • トバルNo.1(1996) - スーパーバイザー
  • ファイナルファンタジーVII(1997) - プロデューサー、シナリオ原案
  • トバル2(1997) - スーパーバイザー
  • ファイナルファンタジータクティクス(1997) - プロデューサー
  • FRONT MISSION2(1997) - スーパーバイザー
  • チョコボの不思議なダンジョン(1997) - エグゼクティブプロデューサー
  • 双界儀(1998) - 監修
  • ゼノギアス(1998) - エグゼクティブプロデューサー
  • パラサイト・イヴ(1998) - プロデューサー、コンセプト
  • ブレイヴフェンサー 武蔵伝(1998) - エグゼクティブプロデューサー
  • チョコボの不思議なダンジョン2(1998) - プロデューサー
  • ファイナルファンタジーVIII(1999) - エグゼクティブプロデューサー
  • チョコボレーシング ~幻界へのロード~(1999) - エグゼクティブプロデューサー
  • サガ フロンティア2(1999) - エグゼクティブプロデューサー
  • 聖剣伝説 LEGEND OF MANA(1999) - エグゼクティブプロデューサー
  • FRONT MISSION3(1999) - エグゼクティブプロデューサー
  • クロノ・クロス(1999) - エグゼクティブプロデューサー
  • パラサイト・イヴ2(1999) - エグゼクティブプロデューサー
  • ダイスDEチョコボ(1999) - エグゼクティブプロデューサー
  • ベイグラントストーリー(2000) - エグゼクティブプロデューサー
  • ファイナルファンタジーIX(2000) - CONCEIVED & PRODUCED
  • ファイナルファンタジーX(2001) - エグゼクティブプロデューサー
  • 映画ファイナルファンタジー(2001) - 原作、監督、製作
  • キングダムハーツ(2002) - エグゼクティブプロデューサー
  • PlayOnline(2002) - エグゼクティブプロデューサー
  • ファイナルファンタジーXI(2002) - エグゼクティブプロデューサー
  • ファイナルファンタジータクティクスアドバンス(2003) - エグゼクティブプロデューサー
  • ファイナルファンタジーX-2(2003) - エグゼクティブプロデューサー

スクウェア退社後もファイナルファンタジーシリーズにはエグゼクティブプロデューサーとして携わっていたが2004年発売の『ファイナルファンタジーX-2インターナショナル+ラストミッション』を最後に同シリーズのエグゼクティブプロデューサーからも退いた模様。

なお『ファイナルファンタジーXII』では、エグゼクティブプロデューサーとしてではなくスペシャルサンクスとして坂口の名前が掲載されている。これは初期の開発立ち上げの頃に協力したためだが、製品版は序盤しかプレイしていないと発言している。

ミストウォーカー 編集

  • ブルードラゴン(2006)- 制作総指揮、プロデューサー、シナリオ
  • ロストオデッセイ(2007) - 制作総指揮、プロデューサー、メインシナリオ
  • クライオン(発売日未定) - 制作総指揮、プロデューサー、シナリオ
  • ASH -ARCHAIC SEALED HEAT-(2007) - プロデューサー、シナリオ、ゲームデザイン

これらミストウォーカーの各作品における坂口の役割に大きな差異はなく、上述のスタンス等にも基づいて、企画、制作総指揮、プロデューサー、シナリオ、ゲームデザイン等を兼任し、同スタジオ代表として全面的に作品を手がけている。また、『LO』等、作品におけるボーカル曲の作詞も手掛けている。

関連項目 編集

  • ゲームクリエイター一覧
  • 植松伸夫
  • 田中弘道
  • 松野泰己
  • 皆葉英夫

外部リンク 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は坂口博信にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。