FANDOM


Final fantasy Wikiが運営するファイナルファンタジーウィキニュースへようこそ。ここはファイナルファンタジーに関するニュースをちょこっと簡単に紹介するページらしいです。

簡単に言えばこのページは、ファイナルファンタジー専門事典をつくることの助けになるニュースを解説するページということです。

2007年編集

10月のニュース編集

10月25日(ニワンゴニュース)

シンガーソングライターの川嶋あいが、チョコボの不思議なダンジョン 時忘れの迷宮でラファエロの声優として出演することが決まった。

11月のニュース編集

11月11日(ニワンゴニュース)

ニンテンドーDS用ソフト「ファイナルファンタジー4」の主題歌がとうとう決定した。主題歌は、厳しいオーディションから選ばれた「伊田恵美」さん。曲の名前は「月の明り ファイナルファンタジー4 愛のテーマ」に決定した。

11月22日(電撃オンライン)

スクウェア・エニックスは、PS2/Xbox 360/PC用ソフト『ファイナルファンタジーXI アルタナの神兵』を11月22日に発売する。本作は、MMORPG『ファイナルファンタジーXI』の最新拡張データディスク。新エリア、新モンスターの追加に加え、新ジョブ「踊り子」、「学者」の追加や、新バトルシステム「カンパニエ」が実装される。「カンパニエ」は過去のヴァナ・ディールにおける、「コンクェスト」にとってかわる大規模なシステム。カンパニエエリア(過去世界のフィールドエリア)の支配をめぐって、アルタナ連合軍と獣人血盟軍が戦争を繰り広げる。なお、『ファイナルファンタジーXI アルタナの神兵』は『ファイナルファンタジーXI』の拡張データとなっており、本商品のみではプレイすることができないので注意。『ファイナルファンタジーXI』と今までの拡張データ『ジラートの幻影』、『プロマシアの呪縛』、『アトルガンの秘宝』に『アルタナの神兵』が収録された、『プレイオンライン/ファイナルファンタジーXI ヴァナ・ディール コレクション』も同時発売される。

--Yushimogaki 2007年11月22日 (木) 12:52 (UTC)

12月のニュース編集

12月8日(電撃オンライン)

スクウェア・エニックスは、12月20日発売のDS用ソフト『ファイナルファンタジーIV』の公式サイトで、店頭用プロモーションビデオの配信を12月5日より開始した。本作は、スーパーファミコンで1991年に発売された同名タイトルのDSリファイン版である。『ファイナルファンタジーIV』は、これまでにPSやGBAにも移植されている。『ファイナルファンタジー』シリーズで初めてリアルタイムバトル(ATB)や、暗黒騎士の主人公“セシル”が試練を乗り越える重厚なシナリオなどにより、大いに話題を集めた人気作品。今回のプロモーションムービーでは、数々の名シーンが主題歌「月の明り」に乗せて流れる。ムービーは、公式サイトの「MOVIE」コーナーでチェックできるので、気になる人はアクセスしてみるのも良いかも知れない。--Yushimogaki 2007年12月8日 (土) 12:02 (JST)

12月17日(電撃オンライン)

スクウェア・エニックスから発売中のWii用ソフト『チョコボの不思議なダンジョン時忘れの迷宮』のオリジナルサウンドトラックが、2008年1月23日に発売されることが発表された。価格は2100円で、全31曲が収録される。音楽監修はもちろん、『ファイナルファンタジー』シリーズなどでおなじみの植松伸夫氏。『忘却の街の忘れられない音楽たち』をテーマに、ゲーム用に書き下ろされたオープニングテーマに加え、歴代のファイナルファンタジーシリーズからも選りすぐりの楽曲が収録される。さらに、テレビCMのバックグラウンドで流れているテーマソング『ドアクロール』(川嶋あい)も収録するという。チョコボシリーズのファンにとっては、まさにベスト盤といえるボリュームである。このCDについているライナーノーツでの、植松伸夫氏は以下のようなコメントをしている。
「これ、『チョコボの不思議なダンジョン 時忘れの迷宮』のオリジナル・サウンドトラックとはいうもののある意味”『ファイナルファンタジー』のベスト盤”といってもおかしくないんじゃないでしょうかね? しかもただのベスト盤ではない。その絶妙な選曲センスともあいまって熱烈なファンであればあるほど喜んでいただける”裏ベスト”ともいえるような選曲になっております」
  • なお、以下は収録される曲の名前である。
    • 時忘れの迷宮
    • オープニング
    • トレジャーハンターのテーマ
    • ステラ牧場
    • 牧場の夜 
    • 時忘れの街 
    • 街の夜 
    • シロマのテーマ 
    • 記憶の開放 
    • ダンジョンヒーローXのテーマ
    • 飛空艇のテーマ
    • 遠い日の記憶
    • 世界の記憶
    • ずーっと一緒だよ
    • モグハウスX
    • 記憶のかけら
    • ノスタルジア
    • ドアクロール
      • 他13曲

--Yushimogaki 2007年12月18日 (火) 01:40 (JST)

2008年編集

2月のニュース編集

2月18日(GameSpot Japan) スクウェア・エニックスは、「ファイナルファンタジーIV」の続編となる新作RPG「ファイナルファンタジーIV ジ・アフター -月の帰還-」のNTTドコモ(iモード)版を本日2月18日より配信開始した。

「ファイナルファンタジーIV ジ・アフター -月の帰還-」は、「ファイナルファンタジーIV」のその後の物語を描いた、ケータイだけのオリジナル作品。ストーリーは章立てで展開され、前作の主人公セシルとローザの息子セオドアを軸に、リディア編やエッジ編など、各キャラクターにスポットを当てたストーリーを配信していく。  また、このゲームの特徴として、配信される全てのストーリーを順番にプレイしていく必要はない。思い入れのあるキャラクターのストーリーなど、好きなストーリーだけを自由な順番でプレイしても最終的な物語に到達することが可能となっている。

さらに、ゲームの冒頭部分となる【序章】は無料配信なので、どなたでも気軽にプレイが可能だ。この機会にぜひ楽しもう。なお、au(EZweb)版は2008年春の配信を予定している。
--Yushimogaki 2008年2月19日 (火) 00:17 (JST)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki